治療を受けるなら専門医院へGO【糖尿病の治療は難しい】

医者

血糖値が高くなると

女性

分類と原因

血糖値が異常に高い病気のことを糖尿病と言います。インスリンの作用低下により、体内に取り込まれた糖質が細胞などで利用されず、血液中に増えてしまっている状態です。糖尿病は1型と2型があり、ほとんどが2型に分類されます。また、1型と2型以外にも妊娠糖尿病があります。妊娠によって糖質への耐性が異常をきたすもので、胎児に影響が及ぶ場合もあり、非常に危険な病気です。なので、妊娠中の血糖管理はとても重要とされています。糖尿病全体の9割以上は2型に分類されます。主な原因は、暴飲暴食、肥満、運動不足、ストレスなどです。特に、食生活の乱れによるものが最も多いとされています。糖尿病を発症しないためにも、バランスの良いヘルシーな食事を心がけることが推奨されています。

大切なのは生活習慣の改善

糖尿病の治療は種類によって目的が異なります。1型では、治療を怠ると命の危険を伴うことがあるため、インスリン注射などで積極的に血糖値を下げなければなりません。2型では、1型ほど急激な血糖値の変化は見られないので、急激に血糖値を下げる治療を行うことはあまりありません。平常時の血糖値を安定させることを目的とした治療を行います。なので、生活習慣の改善やインスリン注射よりも効果が穏やかな内服薬などが用いられます。また、合併症の予防にも重点を置きます。妊娠糖尿病では、胎児へ悪影響が出ないようにすることと、妊婦への合併症が起こらないようにすることに重点を置いて治療を行います。いずれの場合にしても、基本となるのは食事の改善です。また、食事だけではなく、適度な運動や規則正しい生活を心がけることも治療には非常に有効となります。